「交流戦、日本ハム-広島」(11日、札幌ドーム)

 広島・鈴木誠也外野手が一回に先制の適時二塁打を放った。

 1死から菊池涼が右前打で出塁。2死一塁で打席に立った鈴木は上沢の3球目をはじき返すと、打球は左中間を破り1点を奪った。

 「点につながって良かったです。キクさん(一走の菊池涼)がよく走ってくれました」

 だが直後に先発・野村が無死満塁から4番・中田に2点適時二塁打、続く王柏融に2点適時打を献上。2死一、三塁からは中島に左前打を浴び、4点を追う形となった。