「交流戦、西武-巨人」(11日、メットライフドーム)

 巨人が丸佳浩外野手の適時失策で先制点を献上した。

 一回、2死一塁。先発の今村が山川に中前打を打たれると、深めに守っていた中堅手・丸がその打球をファンブル。快足の源田は三塁を蹴り、一気に生還した。

 丸は今季2失策目。名手の珍しいミスで相手に主導権を奪われた。