腰の張りで登録を抹消された楽天・嶋基宏捕手(34)について石井一久GM(45)は11日、週末の2軍戦での実戦復帰を目指す方向だと明かした。

 嶋は9日に仙台市内の病院で検査し、強い炎症が見られたということでブロック注射を打つなどの治療を行った。石井GMは「ティー打撃やキャッチボールはできている。今は週末の(2軍での)試合での出場を目指している」と説明した。

 ただ、1軍復帰については「ちょっと試合に出たから上げようとは思っていない。急いではいないので」とし、捕手としての守備を含め、万全な状態での復帰を目指す考えだ。