<全日本大学野球選手権:東海大4-3立命大>◇11日◇1回戦◇東京ドーム

今秋ドラフト上位候補・海野隆司捕手(4年=関西)の攻守にわたる活躍で、東海大が逆転勝利した。

2-3の8回1死満塁で4番海野に打席が回った。7回に自身の三塁悪送球で同点を許し、その後逆転された。「これで打てなかったら自分のせいで負けてしまう」。強い気持ちで直球をたたきつけた。高いバウンドで三塁手の頭を越えると、走者2人が生還し、海野は一塁上でガッツポーズ。「人工芝で良かったなと」と白い歯を見せた。

三塁悪送球もあったが、この日は立命大の盗塁を2つ阻止。ともに「三振ゲッツー」だった。バントの三塁封殺もあり、持ち味の強肩を全国の舞台で披露した。