セ、パ両リーグは11日、5月度の「大樹生命月間MVP賞」を発表し、セはDeNAの今永昇太投手(25)と中日の高橋周平内野手(25)、パはソフトバンクの千賀滉大投手(26)、西武の秋山翔吾外野手(31)が選ばれた。

 今永は5月に4勝、防御率1・78でチームを引っ張った。高橋は月間8度の猛打賞をマーク。川上哲治やイチローらの日本記録に並ぶなど、打率4割1分7厘と目立った。千賀は3勝、秋山は打率4割2厘を記録している。