「エンゼルス-ドジャース」(10日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)がドジャース戦(11日午前11時7分開始)で7試合ぶりに先発メンバーから外れた。オースマス監督は前日9日のマリナーズ戦か、この日の試合で大谷のベンチ待機を示唆していた。

 大谷はここまで28試合に出場し、打率・248、6本塁打、22打点。前日9日のマリナーズ戦は自己最多タイの3三振を喫するなど、4打数無安打だった。

 この日は大リーグ機構から球宴(7月9日、クリーブランド)のファン投票の中間結果が発表され、日本人唯一の野手として「指名打者部門」でノミネートされている大谷は4位の16万6275票だった。右肘手術の影響で開幕から1カ月出遅れながら3位のクルーズとは4万8427票差の好位置。上位3人の最終候補を選出する投票は米東部時間21日午後4時(同22日午前5時)に締め切られる。

 ドジャースの先発は左腕の柳賢振。ここまでメジャー最多タイの9勝(1敗)、メジャー1位の防御率1・35をマークしている。

 エンゼルスのラインアップは以下のとおり。

1番・三塁 ラステラ   打率・315、15本塁打、39打点

2番・中堅 トラウト   打率・296、17本塁打、42打点

3番・一塁 プホルス   打率・236、11本塁打、35打点

4番・DH スミス    打率・299、1本塁打、7打点

5番・右翼 カルフーン  打率・239、13本塁打、35打点

6番・左翼 プエヨ    打率・452、3本塁打、11打点

7番・捕手 ルクロイ   打率・228、7本塁打、25打点

8番・遊撃 トバー    打率・100、0本塁打、0打点

9番・二塁 レンヒフォー 打率・232、1本塁打、10打点

   投手 キャニング  2勝2敗、防御率3・52