米大リーグが10日(日本時間11日)、オールスター戦(7月9日・クリーブランド)のファン投票のア・リーグ第1回中間結果を発表し、指名打者部門でノミネートしているエンゼルス・大谷翔平投手(24)が、4位にランクインした。

 ア・リーグの指名打者部門では1位がRソックスのJ・D・マルティネス(49万1955票)、2位がレンジャーズのハンター・ペンス(32万9321票)、3位がツインズのネルソン・クルーズ(21万4702票)、4位が大谷(16万6275票)、5位がヤンキースのジアンカルロ・スタントン(15万7411票)となっている。

 今年から変更になったメジャーリーグオールスターのファン投票。投手以外の各ポジションでスタメンを決める投票はまず、1次投票が今月21日(日本時間22日)まで行われ、各ポジション3位以内に入ると、決戦投票進出が決まる。その後、決選投票が米東部時間の26日正午から27日の午後3時59分(日本時間27日午前1時~28日午前4時59分)に行われて、球宴のスタメンが最終決定する。決選投票には、1次投票の票は持ち越されない。

 大谷がファン投票で球宴に選出されるためには、まずは1次投票で3位に入る必要がある。3位のツインズ・クルーズまで約5万票。残り約10日でどこまで票を伸ばすかに注目だ。MLB公式サイトなどから投票は可能になっている。