「全日本大学野球選手権・1回戦、創価大6-1大工大」(10日、東京ドーム)

 1回戦4試合が行われた。今秋ドラフト候補の最速154キロ右腕の創価大・杉山晃基投手(4年・盛岡大付)が7回を5安打1失点の好投で同大会初勝利。大商大は同じくプロ注目の大西広樹投手(4年・大商大高)が1失点完投で2回戦進出に貢献した。23年ぶりに出場の愛知工大も初戦突破。神宮で予定されていた3試合は雨天順延となった。

 リーグ22連勝中の杉山が全国舞台での悔しさを晴らした。直球の走りが悪いとみるや、フォークなど変化球を多投。ピンチではギアを上げ、自慢の直球で押した。昨年の同大会は1回戦で八回途中5失点でKOされた。昨秋の神宮大会も初戦で涙をのんでおり、「全国で勝つ難しさを分かっていたので」と勝利の味をかみしめた。

 アクシデントにも動じなかった。初回1死一塁から二盗を刺そうとした萩原哲捕手(3年・日南学園)の送球が右脇腹付近に直撃。初めての経験に苦笑したが「あれで力が抜けて変化球がまとまった」とプラスに変えた。この日の最速は149キロ。オリックス・古屋編成部副部長は「排気量が違う」と潜在能力の高さを評価した。

 11日の2回戦では前年覇者でプロ注目の津森宥紀投手(4年・和歌山東)擁する東北福祉大と激突。初戦突破で雪辱を果たしたエースは「チャレンジャー精神で」と連投も辞さず。2番手で登板した望月大希投手(4年・市船橋)、小孫竜二投手(4年・遊学館)の三本柱で王者に挑む。