日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)=金足農=がプロ初登板初先発する予定の12日・広島戦(札幌ドーム)に、秋田犬保存会北海道道央支部から「秋田犬マサルハンドパペット」が“応援団”として来場することが10日、分かった。

 平昌五輪フィギュアスケート女子金メダリストのアリーナ・ザギトワ(17)に、秋田犬「マサル」を贈呈したことで一躍脚光を浴びた秋田犬保存会。1404円(税込み)で販売されているハンドパペットは、そのマサルをモチーフにした縁起物だ。

 当初は実物の秋田犬を連れていくことを検討していたが、札幌ドームがペット(身体障がい者補助犬を除く)の入場を許可していないため断念。同会員ら約50人がパペットを手に付け、内野席から秋田出身の期待の星に声援を送る。事務局の澤谷敏子さんは「『吉田輝星に“勝る”ものなし』という意味があります」と説明した。

 昨年11月の仮契約交渉後の会見では、マサル人形を手に記念撮影を行った吉田輝。12日の相手先発は昨シーズン最多勝&最高勝率の2冠に輝いた大瀬良が濃厚だが、心強い応援が力を与えてくれる。

 「負けないという気持ちはしっかり持っていきたいと思います」。広島の強力打線にも真っ向勝負。自分を信じ、自慢の直球でねじ伏せる。