2018年シーズンで福岡ソフトバンクホークスを引退した攝津正さん。秋田経法大付高、JR東日本東北を経て、2008年にドラフト5巡目でソフトバンクに入団。プロ入り1年目から勝利の方程式として70試合に登板、最優秀中継ぎ投手、新人王のタイトルを獲得し、4年目にはエースとして最多勝、最高勝率、沢村栄治賞のタイトルを手中に収めた。5年連続の開幕投手を務めるなど獅子奮迅の活躍を続け、全力で駆け抜けたプロ野球人生の10年間を、フリーアナウンサーの田中大貴さんが聞いた。


・合わせて読みたい→
元ソフトB・攝津さん「内心では…」、先発投手が始球式を横で見る心境を語る(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tadashisettsu-state-of-mind/)

やる場所がなければ終わり。自分の中ではスッキリしている


田中:現役時代を振り返ってみるとどうですか?

攝津:当時のことを考えると、とにかく必死でしたね。後先考えず、突っ走っていました。

田中:今もう一度同じことをやれと言われたら無理ですか?

攝津:そうですね。ひと息ついたらもう無理ってなりますね。

田中:1年目、2年目と70登板以上して、3年目からは先発に転向してずっとローテーションを守ってきました。相当厳しい状況で、なんとか乗り越えきた10年間だったと言う感覚でしょうか?

攝津:ずっと、とにかく必死でやってきましたね。背中が腫れ上がってしまう事とかもありました。無理した部分はあったのかなと思いますね。それでも針を打ちながらとか、やってきました。

田中:周りに託されたら、自分がどういう状況であれ、やり遂げるというタイプなのでしょうか?

攝津:そうですね。プロですから、そういうところは必要なのかなと思いますよね。期待に応えられなくなったら終わりだと思うので。それが自分の美学というか、常にその期待に答えたい。無理してでも。

田中:無理をしなかったらもう少し長く現役を続けられたのかな、とも思いますが。

攝津:いやー、そういうやり方は自分自身持っていないですね。全力でやって、上手く投げられなくなって、やる場所がなければ終わりの世界です。まだ自分が投げる場所があればやりたいなという思いはありましたけど、なければ辞めようと、球団から言われる前から思っていました。そこは結構あっさりと。

田中:心身ともに限界だったという感じでしょうか?

攝津:体が持たなかったですね。痛み止めを飲みながら生活するようなことはもうしたくないです。

田中:もっと長くプロ野球にいたように感じる、濃密な10年でした。

攝津:だからこそ割り切って考えられたのかなとも思います。やり切ったと言うか。プロに入る年齢も26歳と高かったですし、できることをやってダメだったらそれでいいなという気持ちがあったので。意外と自分の中でスッキリしていましたね。

田中:内容の濃い10年を送れたのは、社会人の経験が生きていますか?

攝津:社会人の厳しい環境でやって来られたのは大きかったのかなと思いますね。それこそ70試合とか投げることができたのは、その当時社会人トーナメントを大事な大会になるとピッチャー2,3人で回すんですよね。完投したのにまた次の日先発とかなんですよ。そういう経験をしてきたのが大きかったのかなと思いますね。

いい選手が育つのはホークスの伝統

田中:プロで一番キツかったトレーニングとか、思い出に残っているトレーニングはありますか?

攝津:あまりキツかったとかはないですね。ただ、プロだったらなるべくピッチング練習は球数を抑えるという考えが強いですけど、球数が多くなっても自分の調子を上げるためにベストの状態で臨もうとしたことですかね。

田中:独自の調整方は反対されることもありましたか?

攝津:いや、理解してもらえましたね。監督とかコーチ陣とか、すごくありがたい環境でした。

田中:今のホークスをどうご覧になっていますか?

攝津:着実に成長しているなと感じますよね。選手層も厚いですし。よく育成選手が活躍すると言われますけど、みんなちゃんと準備をしている。毎年レベルアップしていると感じます。

田中:ホークスが常勝軍団たる理由はなんだと思いますか?

攝津:競争意識が強いのかなと思いますね。若い選手は虎視眈々と狙っている感じがしますよね。それで抜擢されるといきなり活躍する。甲斐(拓也)や千賀(滉大)は有名ですが、最近だと牧原(大成)とか釜元(豪)とか、いい選手はまだいっぱいいる。そういう部分は昔もあったと聞きますし、そういういい伝統は今も残っていると感じます。

田中:攝津さんもそういった環境だったからこそ今の自分があると思います?

攝津:ホークスは本当に環境が良かったです。ドラフト時に、ソフトバンク、横浜、楽天から指名がかかるかも、といった感じだったんです。正直、第一希望は地元なので楽天、第二希望が横浜でした。横浜は当時所属していたJR東日本の管内なので、会社の知り合いも多いし、来てもらいたいと思っていたので。東北の人間からすると、当時九州は未知でした。指名を頂いてビックリしましたけど、他のチームに行っていたら活躍できたかはわからないですね。でも、楽天との試合で仙台に行くと東北の方が応援してくれたりもありましたし、その時は嬉しかったですね。今の僕があるのは、地元東北とホークスのおかげだと思っています。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

田中 大貴 (たなか・だいき)

1980年4月28日、兵庫県小野市生まれの38歳。小野高では2年から4番で打線の主軸を担った。巨人・高橋由伸監督にあこがれてか慶應義塾大学 へ。4年春に3本塁打でタイトルを獲得。フジテレビ入社後は主に報道・情報番組とスポーツを担当。「とくダネ!」「すぽると!」ではバンクーバー五輪、第2回WBC、北京五輪野球アジア予選、リオ五輪キャスターなど様々なスポーツイベントを現地からリポートした。