「ラグビー・日本代表合宿」(10日、宮崎市・シェラトングランデオーシャンリゾート)

 W杯日本大会(9月29日開幕)に向けて、宮崎市内で強化合宿に突入した。合宿は7月17日まで3次にわたって開催。いきなり3部練習を課したジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC=49)は「(宮崎で)3回の合宿がありますが、それもかなりキツい合宿になる」と予告した。

 言葉通り、初日からハードに動いた。8時半のウェートトレーニングに始まって、15時から全体練習。19時からの夜間練習。約6時間。いきなりの猛特訓だった。

 「夜のエクストラセッションは初めての試みですがしっかりやっていきたい」と言う。ジョセフHC体制になって初の試みが夜間練習だ。この日はFWは本気のスクラムを何度も繰り返す。BKは細かなパスの習得を試みた。

 特に強調したのはFW陣の強化。「スクラムフィットネスを上げていきたいということなので。FWも懸命に努力して鍛えてきましたけど、強化を図るためにこういう試みをやります」と言う。

 もう一つの意義はナイター対策。「あとはナイターの試合も入ってくるので、夜でもしっかりしたパフォーマンスを出せるように、体を慣らすことも大事です」。W杯は1次リーグ4戦中3戦が19時半からのスタート。夜の特訓で勝利に一歩でも近づく。