<高校野球春季東北大会:弘前学院聖愛7-6仙台育英>◇10日◇準決勝◇荘内銀行・日新製薬スタジアム

弘前学院聖愛(青森2位)が仙台育英(宮城1位)との接戦を7-6の逆転劇で制し、春夏通じ初の決勝進出を決めた。

   ◇   ◇   ◇

仙台育英は4投手をつぎ込みながら逆転負けした。須江航監督(36)は「春は夏の大会の予行演習。夏の厳しい場面で投げられるのが誰か、ある程度答えが出て良かった」と話した。

9回のピンチで緊急登板し逆転打を許すも、最後は2連続三振で締めた笹倉世凪投手(1年)には「持っているものを出してくれた」と評価した。