◆報知新聞社後援 第68回全日本大学野球選手権第1日 ▽1回戦 愛知工大7―3東日本国際大(10日・東京ドーム)

 東日本国際大は、エース佐々木大輔が6回途中6失点と打ち込まれ初戦敗退。仁藤雅之監督(39)は「いろんなタイプのバッターがそろっているのは分かっていたが、下位に長打を打てる選手もいて、思っていたよりよかった」と振り返った。

 先発の佐々木については「ストライクを取りにいったところをしっかり打たれてしまっていた」と話し、「佐々木の独り立ちとバッテリーの強化が必要」と秋に向けて前を向いた。