「全日本大学野球選手権・1回戦、仏教大4-3八戸学院大」(10日、東京ドーム)

 八戸学院大が悔しい結末で7年ぶりとなる全日本での勝利を逃した。4番・武岡大聖外野手(3年・生光学園)の2打席連続アーチで九回まで3点リード。初戦突破まであとアウト3つとした九回に暗転した。

 好投していた先発の大道温貴投手(3年・春日部共栄)が崩れ始め、1死満塁のピンチに陥った。後を受けた中道佑哉投手(3年・八戸学院野辺地西)は2死までこぎつけながら、左前適時打と押し出し四球で1点差。続く打者にも中堅へはじき返された。

 三塁走者がホームインして同点となり、二塁走者も本塁へ突入してきた。中堅手の好送球でタイミングはアウトだったが、球審は走塁妨害の判定。逆転サヨナラ負けを食らい、歓喜の輪をぼう然と見つめるしかなかった。

 試合後、小山克仁審判幹事は「ルール通り。捕手が走者(の進路)をふさいだ。球審の判断ですから」と見解を示した。正村公弘監督は「確認だけしました」と執ような抗議はせず。「私のせいですね。選手に申し訳ない」と責任を負った。