プロフィギュアスケーターの安藤美姫が9日、インスタグラムを更新し、「ロシアに帰れ!」などと英語で書かれた中傷文を送られたエフゲニア・メドベージェワ=ロシア=について、メドベージェワを励ますハッシュタグ「JapanLoveEvgenia」を作成、「是非このタグ付けてメドちゃんに送りましょう」とファンへ呼び掛けた。

 メドベージェワは、日本でのアイスショーに出演している間に「日本から出て行け。日本でお前の顔を見たいと思っている人はいない。日本人はみんながお前を嫌っている。ロシアに帰れ!」などと英語で書かれた中傷手紙を受け取っていたことが8日、判明。同じくアイスショーに出演しているジョニー・ウィアー氏がSNSでこの手紙の存在を公表し、明らかになった。

 ウィアー氏は手紙を受け取った人の名前は明かしていないが、メドベージェワ自身がインスタグラムで「サポートと優しい言葉をありがとう」「全然気にしてないわ」などと反応していた。

 同じスケーターとして、友人として、安藤はこの手紙で傷ついた仲間を放ってはおけなかった。インスタグラムにメドベージェワとの2ショット写真などを複数枚投稿し、英語で「私達はあなたを愛してる。あなたの周りは真実の愛で満たされている」と呼び掛け、日本語でファンに「メドちゃんへのハッシュタグ作ったのです。是非このタグ付けてメドちゃんに送りましょう」と「#japanLoveEvgenia」のタグを作成。ファンへ呼び掛けていた。