◆日本生命セ・パ交流戦 DeNA6―4西武(9日・横浜)

 今季初白星を挙げた3年目のDeNA・エスコバーが、1軍公式戦での左投手最速となる160キロをマークした。

 8回から3番手で登板。無死一塁で中村に投じた5球目の内角高めのボール球が160キロを計測した。5月24日の阪神戦(横浜)で、中日のロドリゲスに並ぶ左腕最速タイの159キロを記録していた。その後、自身7登板目での記録更新に「数字が出たのはうれしい。腕を振れていた感覚があったので」と笑みをこぼした。