◆日本生命セ・パ交流戦・巨人―ロッテ(9日・東京ドーム)

 右足かかとを負傷していたロッテ・井上晴哉内野手(29)が3試合ぶりに出場した。

 3―6の8回1死満塁の場面で代打で登場。本塁打が出れば一気に逆転とムードは最高潮だったものの、左腕・高木の初球のカーブを引っかけて遊ゴロの併殺打となった。