「交流戦、巨人-ロッテ」(9日、東京ドーム)

 八回に登板した巨人・沢村が1死しか奪えずに降板した。4点リードでマウンドに上がったが、先頭の清田に四球を献上。続くレアードにも3ボールとなると、ベンチの原監督もあきれたように苦笑いを浮かべた。

 何とかレアードを遊飛に打ち取ったが、中村奨に適時二塁打を浴びて1点を失う。さらに続く菅野を歩かせたところで、原監督もたまらずベンチを飛び出した。

 代わった高木が1死満塁のピンチを招いたが、代打・井上を併殺打に仕留めて、何とか最少失点で切り抜けた。