「交流戦、阪神-日本ハム」(8日、甲子園球場)

 阪神が、高山俊外野手と北條史也内野手の好連携プレーで追加点を阻止した。

 2点ビハインドの七回1死一塁。代打・中田の打球は左中間を破った。左翼手・高山がクッションボールを処理して中継の北條へ。受け取ると、すぐさま本塁へストライク送球した。一塁から本塁を狙った走者の清水は際どいタイミングとなったが、判定はセーフ。しかし、リクエスト検証の結果、判定が覆りアウト。完璧な連携プレーで追加点を防いだ。