陸上の全米大学選手権は7日(日本時間8日午前)、米テキサス州オースティンで行われ、男子100メートル決勝でサニブラウン・ハキーム(20)=フロリダ大=が9秒97(追い風0・8メートル)の日本新記録で3位に入った。

 従来の日本記録は、17年9月に桐生祥秀がマークした、9秒98。サニブラウンは今年5月に9秒99をマークし、日本勢2人目の9秒台突入を果たしていた。陸上大国の学生チャンピオンを決める一発勝負で確かな力を発揮し、今秋のドーハ世界陸上、さらに20年東京五輪での表彰台へ可能性が膨らんだ。

 「正直、タイムはあまり気にしていない」。9秒台に入る前から、サニブラウンが貫いてきた姿勢だ。10秒足らずの間、いかに正確な動きを出せるかに集中して力を発揮してきた。課題だったスタート部分は、今春の室内シーズンで日本タイ記録の6秒54を出して修正の手応えも得た。17年秋から拠点を置く米フロリダ大で着実に力を伸ばした20歳が、日本最速の称号を手にするのは必然だった。

 今月末には、ドーハ世界陸上の代表選考を兼ねた日本選手権(27~30日、福岡)が控える。10秒0台を連発して好調を維持する桐生、自己記録10秒00の山県亮太(セイコー)、5月に10秒04を出した小池祐貴(住友電工)らがそろい、史上初の9秒台決着も現実味を帯びてきた。日本選手権で世陸内定を得られるのは、参加標準記録(10秒10)を突破した優勝者のみ。日本最速の座を手にしたサニブラウン。次は日本最強を目指す。