「交流戦、広島-ソフトバンク」(7日、マツダスタジアム)

 広島の先発・床田は六回途中で無念の降板となった。ソフトバンク先発・千賀と試合中盤まで堂々の投げ合いを演じていたが、五回2死一、三塁から真砂に先制の右前適時打を献上。続く六回はグラシアルに13号ソロを浴び、さらに1死一、二塁のピンチを残して、降板した。2番手・菊池保に託したが、甲斐に痛恨の中越えの2点二塁打を打たれた。

 結局5回1/3を投げ、6安打4失点だった。