アイスホッケー・アジアリーグの栃木日光アイスバックスのアリペッカ・シッキネン監督が6日、日光市内で会見を開き、開幕に向けて新チームの体制を発表した。斎藤哲也主将に代わって新主将に佐藤大翔(ひろと)選手(25)を起用。3カ月後の開幕にのぞむという。

 北欧スタイルのシッキネン監督は3シーズン目を迎える。2018~19シーズンは8チーム中7位にとどまった。新しいスローガンとして「ICEBUCKS UNIFYING POWER(統一力)」を掲げた。「選手だけでなく、スタッフ、日光市民、そして県民と心を一つにがんばろう」と訴えた。

 佐藤新主将は「斎藤主将の良いところを生かしつつ、チームをまとめて勝てるように努力したい」と抱負を語った。(梶山天)