男子フィギュアスケートで2018年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=は6日、来季のショートプログラム(SP)の振り付けをシェイリン・ボーンさん、フリーをデービッド・ウィルソン氏(ともにカナダ)に依頼すると、自身のホームページで発表した。試合用の演目を海外の振付師に依頼するのは初めて。

 宇野は5歳でスケートを始めたときから指導を仰いできた山田満知子、樋口美穂子両コーチの下を離れることを3日に発表した。これまで試合用の演目は樋口コーチが全て振り付けていた。「当初は昨年と同じプログラムをリベンジする予定でしたが、環境を変えるに伴い、来季のプログラムは、以前エキシビションプログラムの振付でお世話になったシェーリン・ボーンさんとデヴィッド・ウィルソンさんに依頼をさせて頂きました」と経緯を説明した。

 続けて「2人が持つアイディアは自分の引き出しからは全く想像できないものが多く、とても楽しみにしています」とコメント。5月にイベントに出席した際に、曲はすでに決まっていることを明かしていた。8月中旬から振り付けを行い、8月後半がお披露目になる予定。