競泳の16年リオデジャネイロ五輪男子400メートル個人メドレー金メダリストで、3月から不振で休養していた萩野公介(24)=ブリヂストン=が6日、都内で会見し、練習に復帰したことを明かした。また復帰戦は、8月のW杯東京大会か9月の茨城国体とするとした。5月から少しずつプールで泳ぎ始めているといい「東京五輪での目標は、ずっとぶらさず複数種目での金メダル獲得」とあらためて宣言した。

 萩野は3月15日、マネジメント会社を通じて4月の日本選手権(辰巳)欠場を表明。金メダルなら東京五輪代表に内定する7月の世界選手権(韓国・光州)出場も断念し、休養していた。

 会見冒頭「お久しぶりです。なんとか生きてます」と口を開いた萩野。2月のコナミオープン(千葉)以来、約4カ月ぶりに公の場に登場した。少し日焼けし、体重は5キロ増えたと言うが、表情は明るく、終始にこやかに話した。

 休養決断のきっかけは、コナミオープンでの不振。結果が出ないことに対して、頭で理解できても「心がつらいと感じていた」と振り返った。「こういう自分を認めるのが苦しかった」と萩野。平井伯昌コーチに「水泳がすごく好きなんだけど、嫌いになりつつある。怖いし、不安だ」と打ち明けた際は「初めて自分の気持ちを言ってくれたな」と受け入れてくれたといい「俺はいつまでも待つから」と言葉をもらった。

 また、平井コーチからは「全て自分の気持ちに従え。辞めたかったら辞めろ。その上で本当に泳ぎたかったら泳げ」と、引退も含めて今後の進退を熟考することも言われていた。地元のスイミングスクールの関係者から「引き際は自分で決めろ」と言葉を掛けられたことも明かし「このまま終わっていいのかと考えたときに、やっぱり嫌。水泳が好きだし、もっと高みを目指したいと素直に思った」と率直な思いを明かした。5月に久しぶりに拠点である東洋大のプールに戻ったときは「気持ちいいな」。今は「泳ぎたい欲求を感じて泳いでいる」と笑顔で話した。

 休養表明後は知人や友人に会ったり、ドイツやギリシャを一人旅をして過ごした。さまざまな人の優しさに触れ「みんなが応援してくれて、パワーをもらって、少しずつ前を向けた」と萩野。4月の日本選手権にも「またあの舞台に立ちたい」と、刺激をもらったことを明かした。

 現在はまだ軽く泳ぐ程度。本格的な練習復帰の時期は未定だが、「自分の気持ちに正直になって、頑張ろうという気持ちが心に決まった」。悩める時期を越え、覚悟を新たにした競泳界のエースが、勝負のプールに帰ってくる。