卓球Tリーグ男子の「琉球アスティーダ」は6日、公式マスコット「てぃーだくん」の着ぐるみを製作するため、クラウドファンディングの募集を開始すると発表した。募集期間は7月7日までで、目標金額は130万円。着ぐるみは2メートルを超えるビッグサイズになる予定で、支援者の名前は背中にプリントされる。

 『てぃーだくん』のティーダは太陽を意味し、初年度の昨年、琉球の応援団長として誕生した。チームは着ぐるみ化の実現により、ホームマッチや沖縄県内の小中学校、地域での卓球教室やイベントなどの盛り上げに一役買うことを期待している。

 琉球の早川周作代表は「ご支援いただいた皆様にとっても、その思いを背負った『てぃーだくん』と一緒に楽しむホームマッチや地域のイベントは、特別なものになるに違いありません。ぜひ積極的に『てぃーだくん』『琉球アスティーダ』に関わっていただき、Tリーグを、沖縄を元気に盛り上げていただきたいと考えています」とコメントした。