「アムロ、宇宙へ行きま~す!」

 5月15日、東京2020組織委員会と宇宙航空研究開発機構(JAXA)、東京大学の3者が特別コラボする「G-SATELLITE宇宙へ」が発表された。

 今なお絶大な人気を誇る「機動戦士ガンダム」のガンダムとシャア専用ザクの模型を、東京大学が開発する超小型衛星の「G-SATELLITE」に搭載して東京2020大会の期間前と期間中に地球周回軌道を飛行しながら地球上に応援メッセージを送るというビッグプランである。

 会見には衛星開発の責任者となる中須賀真一(東京大学教授)をはじめ金井宣茂(宇宙飛行士)、富野由悠季(機動戦士ガンダム総監督)、室伏広治(東京2020組織委員会スポーツディレクター)が出席。プロモーション用のアニメにはアムロ・レイ役の古谷徹、シャア・アズナブル役の池田秀一も出演して、何とも豪華な会見になった。

「オリンピック、パラリンピックは地球上のアスリートが東京に結集するスポーツの祭典。ここに宇宙が加わるということで、さらにスケールの大きい東京2020大会になる」

 筋金入りのガンダムファンを公言する室伏SDもちょっぴり興奮気味だった。

川崎からやってきた「最強の企画屋」。

 この会見を後方からじっと見つめる目があった。

 企画の仕掛け人で組織委員会エンゲージメント企画部長を務める天野春果である。川崎フロンターレ時代はスタジアムと宇宙を結ぶ生交信や、競技トラックでのフォーミュラカーショーなどファンの度肝を抜いて「Jリーグ最強の企画屋」と呼ばれた人だ。

 2年前に組織委員会に出向してからも人気漫画「宇宙兄弟」とコラボしてISS(国際宇宙ステーション)でパラパラ漫画にチャレンジする応援企画やスポーツの魅力を伝えながら算数を学ぶ「東京2020算数ドリル」などを手掛けてきた。そして「絶対に実現させたかった」のが、このガンダム企画であった。

 オリンピック史上初のインパクトあるものをやりたい。それが組織委員会への出向を熱望した一番の理由だった。

 宇宙を使って、何かでっかい企画をやる。パラパラ漫画はその布石であったものの、その「何か」が思いつかなかった。

「白いと言ったら、ガンダムしか……」

 天野は言う。

「2014年のソチ冬季オリンピックで、ロシアの宇宙飛行士がトーチを持ってISSの船外に出て大会を盛り上げるという企画がありました。あれ以上のインパクトとなると、応援衛星しかないんじゃないかと思って。でも単純に飛ばすというだけじゃ、企画としては物足りない。日本の文化や技術を使って日本をPRしたい。じゃあ応援衛星と何をコラボさせたらいいか、そこがまったく思いつかなかった」

 通勤時間も、ランチタイムも、自宅に戻って風呂に入っても考えた。布団のなかでも「うーん」とうなり続けた。

 オリンピック憲章の「開会式および閉会式」の「開会式」には「聖火への点火につづいて、平和を象徴する鳩が解き放たれる」とある。近年は鳩をオマージュした企画が打ち出されている。

 白い鳩をオマージュしたものがいいかなとも考えたが、これだと「日本の文化」が完璧にはマッチしない。

「鳩、白い鳩、白い、白い何か……」と頭を悩ませているときに、よく相談に乗ってもらっている経営者の知人に喫煙ルームでアドバイスを求めたという。

「白い何か、ってなあ。白いと言ったら、ガンダムくらいしか思い浮かばないよ」と、煙草をふかしながら冗談っぽく言われた。

 その一言に、バチンと来た。難解な因数分解が、一度に解けた気がした。

 そうだ、ガンダムだ!

超小型衛星の権威も実はガンダムファン。

 天野は行動の人である。思いつくまでは長いが、思いついてからは速い。

 最初は衛星事業を展開するメーカーに相談したという。しかし莫大なコストと時間が掛かることを知り、方針転換を余儀なくされる。しかし何をするにしてもいつも出だしはこんなもの。へこたれる時間すらもったいない。

 程なくして、日本の技術が結集された超小型衛星の存在を知る。コストをかなり抑えられ、かつ、1年ほどで完成できるという。ここに望みをかけた。

 権威として知られる中須賀教授にアポイントを取りつけ、開発の協力を願い出た。多忙な中須賀教授に、ダメもとのお願い。ありったけの熱意を伝えた末に、熟慮した教授の口から「いいです、やりましょう」の言質を得ることができた。

 というのも、中須賀教授自身が大のガンダムファンだというのだ。これは天野も持っていなかった情報であった。

「日本人は面白いチャレンジを」と思われたい。

 併行してガンダムを制作する関係各所の許可を得た。開発、コスト、時間の問題はクリアされ、「パラパラ漫画」で協力を得ることができていたことでJAXAからもGOサインが出た。

 そして企画の発信は組織委員会「ONE TEAM PROJECT」の一環として実行することで決定までこぎつけた。実はこの「ONE TEAM PROJECT」発がミソ。「ONE TEAM PROJECT」は日本の誇るクリエーター、イノベーターが東京2020大会を盛り上げる企画をボランタリーに実施するプロジェクト。そのため、JAXA宇宙飛行士、東大の中須賀教授、ガンダム生みの親、富野監督がクリエーター、イノベーターの立ち位置で参加協力することに関して、周囲の理解を得るのが早く、「なるはや」で企画を通すことができたのだった。

 天野はガンダムという圧倒的なコンテンツのパワーを思い知らされることになった。

「ガンダムなら」と多くの人が喜んで協力してくれたからだ。

「まさにガンダムパワーだと思います。今年生誕40周年のメモリアルイヤーというのも大きかったし、協力していただけるみなさんの熱も感じます。海外でも凄く人気だし、凄く愛されています。ガンダムを企画に盛り込むことによって日本が誇るサブカルチャーのアニメを打ち出せる。超小型衛星も日本の技術。そして何よりも『日本人は面白いことにチャレンジする遊び心のある国民なんだな』って思われたい」

組織委員会の人への発破でもある。

 開発中のガンダム、シャア専用ザクにも技術とアイデアが詰まっている。

 サイズはガンプラの144分の1モデルより小さく、耐久性の強い特殊素材で制作される。足元には電光掲示板が設置され、ガンダムから日本にメッセージが発信される工夫も。またザクのモノアイ(目)がオリンピックカラーに変化する仕掛けにも挑戦しているそうだ。

 このオリンピック史上初となる壮大な企画の意義について、天野はこう語る。

「せっかくの東京2020大会なんだから、僕もそうですけど、みんながワクワクするものをやりたかった。理屈抜きに夢やロマンのあること。でも独自性、話題性のあるものをこれまで打ち出せてきたとは言い難い。大きな大会なのでそれはやはりいろんな高いハードルもあって、企画を実現させていくのが簡単じゃないからです。

 生涯幾度とない舞台に夢やロマンを持って組織委員会に入ってきた人も少なくない。だから“天野はこんなことやったのか、じゃあ俺も”となってほしい。東京2020までもう1年しかないけど、まだ1年あるとも言えます。組織委員会の人にも、いい刺激になったらと思うんです」

「室伏さん、ドズル中将にやっぱりそっくり」

 組織委員会を盛り上げたい。その強い思いが、ガンダム企画を進行させているのだ。

 記者会見が終わったあと、彼はまじめな顔をして言った。

「実は記者会見後、室伏さんがジオン軍の衣装を着てくれたが、ドズル・ザビ中将にやっぱりそっくりだった。あのいかつくて、やさしい感じが。やはり室伏さんに来てもらってよかった」

 こういった細かいところまで気を配るあたりが「Jリーグ最強の企画屋」と呼ばれた天野らしい。

 2020年3~4月にISSから「G-SATELLITE」が放出され、格納された2体が宇宙空間に出てくる。まだ発表していない“性能とやら”も開発中とのこと。“軌道”戦士が宇宙空間から東京2020大会を盛り上げる。

 ガンダムに、夢とロマンを乗せて――。

(「オリンピックPRESS」二宮寿朗 = 文)