競泳女子で白血病を公表し、闘病中の池江璃花子(18)=ルネサンス=が5日、自身の公式ホームページを更新した。5月8日に公式ウェブサイトを開設して以降初めての更新で、先日に数日間一時退院をしていたことを明かした。

 池江は近況報告として「治療は続いており、体調が優れない日もあります」というが、「そんな日は、一日が過ぎるのをひたすら待って、とにかく一日一日を何とか乗り越えています」とコメント。その上で「先日、数日間の一時退院をしました」とも報告した。

 退院中は「家族で食事を楽しんだり、外の空気をたくさん吸ってのんびりした日を過ごしました」とリラックスできたようで「もう、病院には戻りたくない!と思うときもありますが、人生の中のたった数ヶ月だと思って自分を奮い立たせてます」ともつづっていた。

 この日の近況報告には、顔を隠した兄と姉との3人の写真も掲載。池江自身も笑顔でカメラに目を向けている。また、メッセージ冒頭には「さまざまな報道が飛び交う中、現状については憶測や疑問もあると思いますが、私自身のこのホームページやSNSからの発信が全てです」と記した。

 池江については1日に三木二郎コーチが「日に日に良くなっている」と体調について取材に応じた。3週間ほど前からバイクをこぐ日を設けるなど、運動を行いながら、医師から決められたリハビリも行っているとしていた。

 池江は2日にはツイッターにポップコーンや、チャーハンなどの食べ物を挙げ、「食べたいものと行きたいとこが多すぎる」と投稿している。