競泳の7月の世界選手権(韓国・光州)に追加招集されたメンバーが4日、都内の国立スポーツ科学センターで練習を公開。初代表となる日大の吉田啓祐(19)は、スノーボーダーの平野歩夢(20)=木下グループ=を意識した勝負ヘアで本番に臨む。

 全体的にツイストパーマをかけ、サイドを刈り上げたインパクト十分な髪形。モデルを問われると「平野歩夢さん」と明かした。平野は現在、スケートボードでも東京五輪を目指している。個性的なルックスとストイックな生きざまが「自分を持っていてかっこいい」と憧れになった。

 世界選手権では400メートル自由形と、800メートルリレーに出場予定。「年下なので、元気を出してアピールしたい。髪? もうちょっと伸ばしてツイストをかけて、将来はドレッドヘアにしたい」と、野望を語った。