フィギュアスケート男子で18年平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=が3日、自身のホームページを更新し、スケートを始めた頃から指導を受ける山田満知子コーチ(75)、樋口美穂子コーチ(50)が属するグランプリ東海クラブを離れることを明かした。

 「この度、私、宇野昌磨は長年お世話になっていたグランプリ東海を卒業いたしました」と発表。「まだ今後のことは具体的に決まっておりませんが、まずは直ぐに始まる海外合宿に打ち込み、一歩一歩進んで行きたいと思います」と、ジャンプを中心とした長期の海外合宿へ前向きな姿勢を見せた。

 「背中を押して送り出して下さった先生方、また、多くの方々に支えられているこの競技人生に感謝の気持ちを忘れず、新たなスタートを切りたいと思います」と宇野。「これからも応援どうぞよろしくお願いします」とつづった。