2020年東京五輪の聖火リレーのルート概要が1日付で発表された。県内では20年6月9、10の両日に秋田市や大館市など14市町村を走る。聖火リレーの県実行委員会は今年7、8月にランナーを公募する。

 9日は湯沢市をスタートし、横手市、由利本荘市、美郷町、大仙市、仙北市を通って秋田市まで。秋田市のエリアなかいち「にぎわい広場」で聖火の到着を祝う式典「セレブレーション」を開く。10日は潟上市をスタート。八郎潟町、大潟村、能代市、大館市、男鹿市を経由し、鹿角市の花輪スキー場で、セレブレーションをする。

 見どころは、なまはげ伝説ゆかりの地である男鹿市の赤神神社五社堂や、城下町の風情を感じさせる仙北市の角館武家屋敷、鳥海山を背景にボートやカヌーを楽しむことができる由利本荘市のボートプラザアクアパルなどという。