「競泳・ジャパンオープン」(31日、東京辰巳国際水泳場)

 世界選手権(7月、韓国・光州)の追加選考会を兼ねて行われ、女子200メートル自由形決勝は青木智美(24)=あいおいニッセイ同和損保=が800メートルリレーの派遣標準記録を突破する1分58秒03で3位となり、リレー代表に内定した。大会直前に7月のユニバーシアード(ナポリ)出場取り消し騒動に見舞われたが、動じなかった。

 一度は失った世界への切符を、自らの力でつかみ取った。青木智が4月の日本選手権では届かなかったリレーの派遣標準記録を突破し、世界選手権代表に内定。「素直にうれしい。ホッとした」と胸をなで下ろした。

 ユニバーシアード代表に内定していたが、JOCの指摘で「大学在学中および卒業2年以内」との出場条件を満たしていないことが判明したため、今大会直前に急きょ出場取り消しが決まった。驚きはあったが「目指してきたのは世界選手権。その思いは変わらなかった」。過度に動揺することなく、目の前のレースに集中した。

 日の丸を背負って戦う舞台を再び手にし「リレー代表を引っ張る気持ちを強く持って臨みたい」と意欲十分。2戦分の思いを、最高峰の舞台にぶつける。