「スーパーラグビー、サンウルブズ-ブランビーズ」(6月1日、秩父宮ラグビー場)

 日本チームのサンウルブズは31日、秩父宮ラグビー場で前日練習を行った。今季勝ち星のないホームでの最終戦。同じオーストラリアカンファレンスで首位の強豪ブランビーズに一矢報いる思いを確認した。

 プロップ浅原拓真(31)=東芝=は「全部のFW戦で負けない。最近粘りが、自分自身もなくなっているので、しっかり粘りたい」とテーマを掲げた。前節はセットプレーで劣勢に立たされたが。スクラムに関しては「8人でつながって全員でコネクトしてスクラムを組んで初めて戦える。8人で組めたら自信があります」と一体感のあるスクラムに活路を見いだす。

 6月3日には宮崎合宿に臨む第4次W杯日本代表候補が発表される。「いかにチームに貢献できるプレーをするか。そこにつきると思います。全局面で『浅原役に立っているな』と行ってもらえたらいいと思います」と今季ホーム初勝利に貢献するプレーでアピールする。