「スーパーラグビー サンウルブズ-ブランビーズ」(6月1日、秩父宮ラグビー場)

 スーパーラグビーに参戦する日本チームのサンウルブズは27日、千葉県市原市の市原スポレクパークで調整。フランカー松橋周平(25)=リコー=はW杯日本代表入りへ、諦めない思いを訴えた。

 「現状、厳しいと思う」と正直な心境を明かす。SW出場選手で、6月の日本代表候補宮崎合宿参加予定選手は、今週の練習メンバーから外れている。現在帯同する選手は実戦経験が必要な選手か、宮崎合宿から外れた選手になる。難しい立場に立たされた。

 W杯代表争いが繰り広げられる今季ここまでを「うまく自分を出せていなかった。迷ってしまっていた」と猛省する。「気持ちを作り直した」。吹っ切れた思いで残り3試合に臨む思いだ。

 「まだ何があるか分からない。残り3試合でいいパフォーマンスを出すことが必要。ボールをキャリーのところだったり、ジャッカルのところだったり、自分の強みを出せれば」。自分の持ち味を発揮して、最後までアピールし続ける。