生涯スポーツの祭典「ワールドマスターズゲームズ(WMG)2021関西」の開催を2年後に控え、大会応援大使を務めるタレントの武井壮さんが26日、ラグビーでの出場を「熱望」した。

 大阪市内で開かれたトークショーで、元ラグビー日本代表の大畑大介さんに「向いている」と勧められた。同じく元代表の増保輝則さんには「WMGはぜひ出場を」と念押しされた。

 身体能力の高さに自信があり、「百獣の王」を自認する武井さん。元トップ選手の褒め言葉とあって、「レジェンド2人に言われて光栄。2人が出るなら、練習からマジで参加したい」と喜ぶばかりだった。