フィギュアスケートのアイスショー、ファンタジー・オン・アイスが24日、千葉市の幕張イベントホールで開演した。

 18年グランプリ(GP)ファイナルで優勝の紀平梨花(16)=関大KFSC=は、新ショートプログラム(SP)となる「ブレックファスト・イン・バグダッド」を披露。黒の衣装に身を包んで、独特な曲を表現した。

 冒頭でダブルアクセルを成功させ、華麗に舞った。続く3回転ルッツで着氷が乱れると、最後の3回転フリップでは転倒した。ジャンプにミスは見られたが、新星の新曲披露に会場は大いに盛り上がった。