フィギュアスケートのアイスショー、ファンタジー・オン・アイスが24日、千葉市の幕張イベントホールで開演した。

 18年平昌五輪で女子4位の宮原知子(21)=関大=は、新ショートプログラム(SP)を披露。冒頭の3回転ルッツで着氷が乱れたが、エジプト調の音楽であでやかに演技し、会場を沸かせた。

 イメージを一新するプログラムに、自身のブログでも「新しい挑戦として少し変わったものを」と心境を記した。「これまでの自分にはなかった動きがたくさん入り、難しいプログラムですが、思い切り滑りたいと思います」と新境地への意欲をつづった。