<ゴルフ:関東高校選手権関信越予選>◇20日◇栃木・那須野ケ原CC◇男子6711ヤード、パー71◇女子6182ヤード、パー72◇参加=団体男子6校、個人男子77人、同女子42人

団体男子は作新学院(栃木)が優勝。上位5校が関東団体決勝(6月10~11日、栃木・琵琶池GC)に進んだ。

個人は男子で杉原歩樹(あゆき、作新学院3年)、女子で小沢朱夏(長野・松商学園3年)が優勝。マッチングスコアカード方式によりシード男子6人、女子3人を除く男子17人、女子22人が関東個人決勝(7月18~19日、長野・軽井沢72G東C)に進んだ。

作新学院が個人初優勝した杉原の活躍で地区3連覇を飾った。6バーディー、3ボギーで自己ベストタイとなる68をマーク。「第2打がピンについてくれた。ショットに助けられた」と笑った。昨年の関東決勝団体戦では第1日首位に立ちながら、最後は3位に泣いた。杉原は「今日のようにいっぱいバーディーを取りたい」と悲願の初優勝に向けて、気を引き締めた。

<主催>関東高等学校ゴルフ連盟、日刊スポーツ新聞社<協賛>住友ゴム工業(ダンロップ)