2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪スピードスケート女子500メートルで、小平奈緒に次ぐ銀メダルを獲得した韓国の李相花(イサンファ)が16日、現役引退の記者会見を開いた。「良い姿のまま選手生活を終えたかった。氷上の女帝と呼ばれた最高の姿だけを覚えておいてほしい」と語った。

 平昌五輪では、敗れて涙ぐむ李にリンク外でも親交が深い小平が寄り添い、「チャレッソ(頑張ったね)」とねぎらう姿に、日韓両国で称賛の声が相次いだ。李は小平について「中学のころ親しくなった。私たちの友情は深い。まだナオは現役だが、トップを守ろうとするのではなく、これまでやってきたことを続けてほしい。近く会いにいくつもり」と話した。