5回表、先制2ランを放った早大・瀧澤(中)を早川(右)らが出迎える


 早大が2対0で立大に完封勝ち。瀧澤虎太朗(3年・山梨学院)の先制2ランでリードを奪い、早川隆久(3年・木更津総合)から徳山壮磨(2年・大阪桐蔭)のリレーで立大打線を封じ込めた。
 前カードの明大戦を2連敗で落として1週空いた早大と、前週の法大戦を2連勝して勢いに乗る立大の対戦。今年一番の暑さを記録した中、早大の先発・早川は4回まで走者を背負いながらも「アウトを1つずつ取れればしのげる」と粘りの投球で2安打無失点、一方の立大・田中誠也(4年・大阪桐蔭)は持ち前のテンポの良いピッチングで4回まで1安打無失点の好投を続けた。
 この均衡を破ったのが、早大のトップバッターだった。5回表、2死から9番・早川がこの日2本目のヒットで出塁すると、「早川が投打に活躍していたので、野手の自分たちが点を取ってあげないといけないと思っていた」という1番・瀧澤が、センターへ今季2号となる先制2ランを放ってリードを奪った。
 山場は8回裏。立大が1番・宮崎仁斗(1年・大阪桐蔭)が2塁打で無死2塁、その後2死満塁まで行ったが、ここでリリーフ登板した早大・徳山が踏ん張ってピンチ脱出。直後の9回表に金子金銀佑(3年・早稲田実)のタイムリーで3点目を奪った早大が、最終回も無失点に抑えて完封勝ちを収めた。


8回途中まで無失点の好投を見せた早大の先発・早川


 勝ち投手は、7回2/3を6安打7奪三振で無失点に抑えた早川。前回登板した明大戦では5回まで無失点も6回、7回と連打を浴びて計6失点。その反省を胸に「間の使い方、バッターとの間合いを意識した。敢えて間を使ってバッターに考えさせたり、その逆もあったり、(小宮山)監督から投球術のアドバイスをもらって、それを今日に活かせた」と成長した姿を見せ、自身初となるシーズン2勝目を挙げた。


8回裏2死満塁のピンチで登場し、センターフライに打ち取ってベンチに戻る早大・徳山


■早稲田大vs立教大1回戦
早稲田大 000 020 001=3
立教大  000 000 000=0
【早】○早川、徳山−小藤
【立】●田中誠、比屋根、中崎−藤野
本塁打: 早稲田大・瀧澤《5回2ラン》

◎早稲田大・小宮山悟監督
「とりあえず良かったと思います。(早川は)あとひと踏ん張りでしたね。頑張らなきゃいけないと力んだ。本当なら最後まで投げさせたいところでしたけど、そんなに甘くないということですね。(徳山は)早稲田で一番能力が高いピッチャーだと思っている。力強いボールを投げてくれた。チームには、負けたら終わりだと、一つも落とせないという共通認識を持たせた。最初の頃に比べれば監督の考えがどういうものであるかが浸透しつつある。徐々にですけど階段を登りながら、最終週を迎えられそうな気がします」

◎早稲田大・早川隆久(3年・木更津総合)
「完投、完封は、後ろに良いピッチャーがいるので意識してなかった。1イニングずつを抑えた結果が完封リレーに繋がったと思います。明治戦では連打を浴びて負けた。その反省を活かした結果が今日に繋がった。2勝に留まらず、監督に言われている6勝を目指して、もっともっと勝てるようにしたい」

◎早稲田大・瀧澤虎太朗(3年・山梨学院)
「(先制2ランは)みんなが喜んでくれたので嬉しかった。ピッチャーの早川が投打に活躍していたので、野手の自分たちが点を取ってあげないといけないと思っていた。優勝するには一つも落とせないので、次に繋がる1勝になったと思います」