日本ラグビー協会の次期会長に元日本代表の森重隆副会長(67)が就任する見通しとなった。6月の任期限りで退任の意向を固めている岡村正会長(80)は名誉会長に就く方向。9月開幕のワールドカップ(W杯)日本大会を前に、トップが交代することになる。

 協会人事を巡っては協会長を10年務めた森喜朗元首相(81)が4月、外部登用も視野に入れた執行部の刷新を求め、自らも名誉会長を退任した。W杯を控え既定路線だった岡村氏の続投がこれで白紙に。「選任時に70歳以上の場合は理事になれない」という協会の定年規定に従い、副会長以上の幹部で唯一70歳未満の森重隆氏に白羽の矢が立ったとみられる。岡村氏らには、これまで「理事会承認があれば年齢に関係なく理事になれる」という特例が適用されていた。

 森氏は明大や新日鉄釜石の名CTBとして活躍。「ひげ森」の愛称で親しまれた。引退後は母校の福岡高監督を務め、2015年から協会副会長と九州協会会長を兼務していた。