ノルディックスキー男子ジャンプのワールドカップ(W杯)で個人総合優勝を果たした岩手県八幡平市出身の小林陵侑(りょうゆう)選手(22)=土屋ホーム=に8日、県民栄誉賞が授与された。

 盛岡市の知事公館で達増拓也知事から賞状を受け取った小林選手は「みんなに支えられたおかげで達成できた。これからも岩手県を元気づけられるよう頑張りたい」と喜びを語った。

 2018~19年シーズンに歴代2位となる13勝を挙げ、欧州勢以外で史上初の総合優勝を果たした小林選手。好成績の要因を「開幕前に受けたメンタルトレーニングの成果」と語った。