大相撲春場所で大関昇進を決めた貴景勝関(22)に7日、母校の仁川学院小学校(西宮市)の関係者らでつくる後援会から化粧まわしが贈られた。受け取った貴景勝関は感謝を述べ、「すばらしい化粧まわしをもらったからには、ふがいない成績は残せない。一生懸命頑張りたい」と誓った。

 化粧まわしを贈ったのは、仁川学院の在校生、保護者、卒業生らが加わる「にがわ貴景勝後援会」。約430人が出席した贈呈式では、後援会長の久義裕さん(56)が「一層の活躍を」とあいさつ。校章や校名を縫い込んだ化粧まわしが贈られた。12日に始まる五月場所(東京)でお披露目となる予定だ。