フィギュアスケートのアイスショー「プリンスアイスワールド」が3日、横浜市内であり、平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)や2016年世界ジュニア女王の本田真凜(JAL)が、令和に改元後、気持ちを新たに演技を披露した。

 サプライズがあったのはショーの後。2人はアニメ・ゲームの人気キャラクター「ピカチュウ」の耳形の髪飾りをつけて、おちゃめな一面を見せた。

 ショー後、ファンと交流する「ふれあいタイム」で本田はピカチュウのバッグや髪飾りを身につけて記念撮影に応じた。プレゼントを腕いっぱい抱えていた本田を、宇野が「スタッフ」に扮してサポート。本田の髪飾りを代わりに身につけると歓声が湧いた。