柔道の第34回全日本女子選手権大会は今夏の世界選手権(東京)女子78キロ超級代表の最終選考会を兼ねて21日、横浜文化体育館で開催され、昨年初出場で優勝した素根輝(そねあきら)(環太平洋大)が2連覇を達成した。一昨年の覇者で昨年の世界選手権を制した朝比奈沙羅(パーク24)を決勝で下した。体重無差別で競うこの大会に予選を勝ち抜いて初出場した女子52キロ級元世界女王の中村美里(三井住友海上)は、初戦で昨年の世界ジュニアを制した体重110キロの児玉ひかる(東海大)に敗れた。

 世界女王・朝比奈との勝負に備え、素根は胸に三つの誓いを忍ばせて練習を重ねてきた。組み手で妥協しないこと、絶対に気持ちで負けないこと、そして、最後まで攻め続けること。

 引き手を取らせてもらえない展開。指導も先に二つもらってしまった。だけど落ち着いていた。「誰よりも練習を積んできて、誰よりも勝ちたいと思っているのは自分」。左の釣り手は相手のアゴの下に。徹底して突き上げ、勝機を探る。

 延長に入って形勢逆転。「相手がばてているのがわかった」と素根。攻めた。ここぞで背負い投げ、大内刈りと小気味よく技を繰り出す。9分過ぎ、最後は大内刈りで相手を腹ばいにさせ、反則勝ちを呼び込んだ。

 この春、バルセロナ五輪金メダリストで「平成の三四郎」と呼ばれた古賀稔彦氏が総監督の環太平洋大に入った。故郷の福岡を出て岡山へ。実家暮らしの頃、自宅倉庫に敷いて毎晩3時間の特訓に使っていた畳を新居に運び、使い慣れた特製のトレーニング器具も置いた。高校時代から練習相手を務める兄の勝さん(23)も専門学校を休学して付いてきてくれた。2人で行う夜の特訓も、柔道漬けの日々も変わらない。

 昨年は優勝しても選ばれなかった世界選手権の切符をつかんだ。「誰よりも努力をしていきたい」。17歳の勢いで日本一になった1年前とは違う。さらに強さを増して世界に出ていく。(波戸健一)

■朝比奈、悔し涙

 6日の全日本選抜体重別に続いて素根に敗れた朝比奈は「初戦からダメダメ。2週間きつい練習をしてきたのに、それを出せなかった」と悔し涙を流した。攻め手を封じられ、最後は3度目の指導をもらって反則負け。「素根選手の方が若いし、小さいので応援もされる。私は悪者でもいいので、最後はうれし涙を流せるように頑張りたい」

■中村美里「一生現役で」

 体重無差別で戦う全日本は「出るのが目標だった」という中村だが、「やっぱり悔しい。負けず嫌いなんで」と初戦敗退を悔しがった。52キロ級の2009、11、15年世界女王。「体重が倍(110キロ)の相手は想定していたけど、大きかった」と苦笑いした。今月28日に30歳になる。「世間では引退と言われるかもしれないけど、一生現役でいたい。今後も柔道から色んなことを学んでいきたい」