今季からプロバスケットボール・Bリーグ3部(B3)に参入する「ベルテックス静岡」が17日、静岡市役所で記者会見を開き、新体制を発表した。「5年以内にB1(1部)昇格」を目標に掲げ、9月のシーズン開幕に向けて選手やスタッフの獲得に動く。

 ベルテックス静岡は昨年4月に誕生した社会人チーム「静岡エスアカデミア・スポーツクラブ」を母体として昨年9月に創設。「スポーツで、日本一ワクワクする街へ」を理念に掲げ、市内の体育館などを拠点に活動してきた。

 通常、B3に参入するには、社会人リーグで上位の成績を収めるなど最低でも3年ほどかかる見通しだった。だが、市や県バスケットボール協会が支援している点をリーグ側が評価し、今年4月に異例とも言える早さで入会が承認された。