フィギュアスケートの世界国別対抗戦のエキシビションが14日、福岡市のマリンメッセ福岡であった。女子でフリー1位となったエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)は、米ポップ界の歌姫、ブリトニー・スピアーズの「Toxic」の音楽に乗せ、妖艶(ようえん)な客室乗務員になりきった。上着を脱ぎ捨て、両足のつま先を広げて上体を後ろに反らすクリムキン・イーグルでは観客の手拍子を誘った。

 2015年の世界選手権女王。スランプを乗り越え、今季復活した。13日の女子フリーではトリプルアクセル(3回転半)ジャンプを決めて、自己ベストを更新した。「表現力は内から来るもの。私は演技するときは自分の表現力やセクシーさを見せることが好き」と語った。