フィギュアスケートの世界国別対抗戦最終日は13日、福岡市のマリンメッセ福岡で女子フリーとペアフリーがあり、日本は合計104点で2位となり、2連覇を逃した。米国が117点で1位、ロシアが102点で3位だった。

 女子フリーは坂本花織(シスメックス)が146・70点で3位だった。16歳の紀平梨花(関大ク)はトリプルアクセル(3回転半)ジャンプを決められず、138・37点で5位。1位は今季のグランプリファイナル銅メダルのエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)で、自己ベストを更新する153・89点だった。

 ペアフリーは三浦璃来(りく、大阪ク)、市橋翔哉(関大)組が92・98点で6位だった。