2月に白血病を公表した競泳女子の池江璃花子選手(18)を応援しようと、池江選手の地元・東京都江戸川区の区スポーツセンターに折り鶴と応援メッセージの受付コーナーが設けられている。区は、寄せられた折り鶴とメッセージを池江選手に直接届けることにしている。

 江戸川区で生まれ育った池江選手は、高校1年で2016年のリオデジャネイロ五輪に出場し、昨年のアジア大会では6個の金メダルを獲得して最優秀選手(MVP)に選ばれた。大きな国際大会のたびに区役所を訪れ、レースの成績などを報告してきた。