宮崎市を本拠地とする3人制バスケットボールのプロチーム「鰻楽.EXE」が11日、発足した。3人制バスケは2020年東京五輪の正式種目。チームによると、宮崎県内では唯一の3人制バスケのプロチームだという。

 3人制バスケは、商業施設や街中の広場で試合をするのが特徴。5人制コートの半分ほどで、ゴールを奪い合う。「鰻楽.EXE」は、5月26日に開幕する日本バスケットボール協会公認のリーグ「3×3.EXE PREMIER」に参加する。

 チームを運営するのは市内のうなぎ店「鰻楽」(大森伸昭社長)。鰻楽は昨年、市内で3人制バスケ大会を開催。社会人バスケチームに資金援助を行うなどつながりが強く、3人制バスケチームの発足につながったという。宮崎青年会議所を中心とする応援組織も立ち上がり、資金面で支援するという。