競泳の日本選手権第4日は5日、東京辰巳国際水泳場で世界選手権(7月、韓国)の代表選考会を兼ねて行われ、男子200メートルバタフライは瀬戸大也(ANA)が1分54秒44で3年ぶり4度目の優勝を果たし、日本水連が種目ごとに定める派遣標準記録を突破し、代表に内定した。瀬戸は200メートル個人メドレー準決勝も全体1位で通過した。

 男子800メートル自由形は平井彬嗣(あやつぐ、郵船ロジスティクス)が7分55秒85で制した。女子50メートル背泳ぎは酒井夏海(スウィン美園)が28秒18で2連覇した。

 女子200メートルバタフライの長谷川涼香(東京ドーム)は2分7秒21の好タイムで決勝に進んだ。